2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2022年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

昨年は多くのお客様にご来店いただき、心より感謝しております。今年も何卒どうぞよろしくお願いいたします。

やっとテレビが発表する、所謂「感染者」が減って、お店もイベントも通常運転し始めましたが、今度は街中至る所で無料のpcr検査をし始め、またまた無症状の「感染者」が爆発しそうな雰囲気です。検査すりゃ、そりゃ陽性者増えるわね。で、その陽性者が感染者としてカウントされ…。そしていよいよワクパス導入でしょうか。それとも5歳以上と、接種年齢の引き下げでしょうか。

2月からgo to 再開すると言ってましたけど、どうなることやら…。所謂専門家と言われるテレビなどの「御用医者?御用専門家?」が、鼻水、くしゃみ程度の、ごく軽い風邪症状しかないといわれるオミクロンを、さも恐ろしいもののように宣伝していますしね。今年もあんまり明るい年にはならないのかな。みんながこの茶番に気付けば、コロナ禍は終わるんだけど…。

2021年12月19日 (日)

吐噶喇列島

今日は冷たい北西の風が吹き、時折りしぐれるという典型的な屋久島の冬の天気ですが、空気が澄んでいるので夕方、吐噶喇列島がくっきり見えました。

Fce466a4b9bc4aaf857c4d6eafc9c579

昨夜、テレビをつけてて何度か「諏訪之瀬島噴火」のテロップが流れたけど、ここからみるとよくわかりません。ただただ、きれいです。

やっぱり暗い内容になっちゃう

昨日年賀状を作っていてお先真っ暗な文面になっちゃって、正月からこんな年賀状もらったらイヤだよな…と思い、改めて文面を考えることにし、宛名だけ印刷しました。

ドイツでは国民全てが接種の義務を負うことになったそうで、これに反対する人々の為政者暗殺の計画まで出てきたとか。河野太郎がsnsを活用しろと言い出し、自身もFacebookや Instagramを始めたようですが、チラッとFacebook見たけど、吐き気を催しました。「ワクチン楽園」みたいな内容で。

オーストラリアでは接種しない職員の出勤停止により、人手不足が深刻化して、看護師さんたちが復職する事態となっているらしい。

誰かが書いてたけど、全員が接種に反対すれば、こんなコロナ劇場は瞬時に終わると。マスコミがどのような報道をしようが冷静に数字を見て判断できる人が全てだったら、そもそもこんな騒動にはならないわね。去年の超過死亡数の減少、今年の増加(しかもすごい数!!)見たら、わかるよね。なんであれだけ騒いでたのに超過死亡数が減ってるのか?去年と今年の違いは?ワクチンしかない。是非厚労省の人口動態統計みてください。そしてワクチンに誘導するテレビは見ずに、自分で判断してください。誰も打たなかったら、こんな騒動は即刻終わるんです!

日本人の人口がどんどん減ってて、人口減少イコール経済衰退だから移民を受け入れるんだという意見をよく目にしますが、だったらワクチン止めればいいじゃん。これだけ同調圧力利用して接種させようさせようとしているのに、人口減少に歯止めがかからないとか、よく言うよね。

3度目が始まりますね。東京理科大の村上先生が「回を重ねるごとに死亡リスクが増える」と言っていました。来年はさらに超過死亡数が増えるんじゃないですか?そうそう、mRNAワクチン開発者のロバート・マローンさんが告発動画を出してましたが(即刻アカウント停止になってた)、人々がこのことに気づくのは、多くの子供が犠牲になった後になるだろうと。多くの犠牲を出す前に、気づいてほしい。健康な体がおかしくなる前に気づいてほしい。半分が気づけば、状況は変わる!と思いたい。

2021年12月13日 (月)

今年最後の営業終了〜

昨日、今年最後の営業でした。今年は感染爆発のため夏に休んだりしましたが、再開後は離島割引もあり、大変忙しくさせていただきました。ご来店の皆々様のお陰です。本当にありがとうございました。開店して数年はお客さんが少なく、営業中ソファで読書することも多々、2階で洗濯物をたたむついでに昼寝することもしばしばでした(昼寝してる時に限って絶叫マッサージ師が来る…)。今日は売り上げゼロか!?と恐怖する日もありました(やっぱりそんな時も絶叫マッサージ師が来てくれる…)。流石にゼロは初年度に3回ほどあっただけでしたが。そんな時を経て、な〜ゆ〜カフェもなんとか地元での認知度が上がり、観光客がほとんど来ない昨今でも島に住むお客さんで賑わうようなりました。ありがたいなぁと心から沁みる今日この頃です。体力的にはしんどいけれど「楽しい」と思う方が遥かに勝ってる感じです。来てくれるお客さんとどうでもいい話をして笑ったり、時にはしんみりになったり、そんな時間が私の心のビタミンなっているようです。お客さんひとりひとりの顔が思い浮かび(まるでもうすぐ死ぬみたい…)、本当にみなさんが愛おしい。これから益々、みなさまに「な〜ゆ〜カフェに来てよかった」と思ってもらえる店を目指して頑張ります。今年も本当にありがとうございました。来年春に再開予定です。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年12月 7日 (火)

あと1週間

先週金曜日でやっと離島割引が終わりました。疲れた。でも毎日たくさんのお客さんが来てくれるので、やりがいはありました。作ったスイーツもほぼ完売するので、作るのが楽しい。これって負のスパイラルの逆ですね。

離島割引が終わったら店を閉めて休業する予定でしたが、食材が少々余っているので今週も営業します。多分今週の営業をもって今年の営業は終わりとなります。来年1月も屋久島ではカフェ巡りなるイベントをするそうで(ここ2年?続いている、カフェを巡るスタンプラリー)、素敵な企画だなぁと思いつつ、参加できないでいます。

あと1週間、感謝の意を込めて、営業したいと思います。

2021年12月 1日 (水)

希望

昨日オーストラリアがヤバいと書きましたが、28日だったかな?首都メルボルンでは45万人!!45万人もの人々がデモに参加したそうです。メルボルンの人口は450万人だそうで、1割が参加。凄いですね。なんとかというドキュメンタリー映画の監督が半年以上の時間をかけて少しずつ少しずつこの運動を大きくしていったそうです。

また、アメリカのフロリダではコロナ対策をしていないと書きましたが、フロリダといえばディズニーワールドで、ディズニーワールドでも先日ワクチン接種しなくてよいという決定がなされたそうです(すでに9割が接種済みだそうだけど)。

メディアはここ2〜3日でオミクロン一色となりましたね。

さて、日本はこれからどうなっていくのでしょうか。一昨日会った友人が、心配して悪いことばかりを想像しているとそれが現実になってしまうから、常に明るい未来を思い描いていると良いと言うような事を言っていました。たしかに屋久島にいると、テレビ見なければコロナの現実とはかけ離れているし、空気はいいし、温泉は気持ちいいし、里芋は美味しいし、幸せを感じることばかりです。悪い方向へは行かないと信じつつ、日々の幸せを感じてすごすことが肝要でしょうか。

2021年11月29日 (月)

オーストラリアがヤバい

オミクロンがいきなり出てきましたね。そんな中、オーストラリアは非接種者に対する締めつけが常軌を逸してきました。非接種者の仕事を奪い、さらには銀行口座を凍結すると言う…。世界各国ですでにワクチンは効かないという結果が出ているにも関わらず、ワクチン接種を強要するオーストラリア。狂ってる。でもこれは対岸の火事じゃない。政府は予防接種の法律改定に動き出しましたね。今は非接種者でも、一応法律的には人権が守られてて、同調圧力に屈しなければ仕事も辞めずにいられるけど、どうなるやら。

この現状に疑問持たない人がたくさんいる。日本人の約75%は2回接種済みだそうだけど、全ての人が望んで接種したわけではないと思うので、少なく見積もっても日本人の半分くらいの人は今世界で繰り広げられているコロナ劇場に疑問を抱いていない。地上波テレビの影響力ってすごいね。

2021年11月24日 (水)

イカキング

石川県は能登町で、コロナ対策として国から配られた地方創生臨時交付金を使って、全長13m、高さ4mの巨大モニュメント「イカキング」を作ったという。夏前の話なのでご存じの方もおられるかと思いますが、私は昨日知りました。賛否両論で、結構な話題となり、海外のメディアでもトップニュースとして出たとか。町では製作費約2500万円は(交付金は2700万円)、町にこのイカキングを見に来た観光客などにより、すでに元がとれたという。これを見たいって、一体どんな人?

13名の町議会議員全員一致でイカキングが作られたそう。コロナ対策としての交付金で。ひとりの反対もなかった!!申し訳ないけど、私はこんな町に住んでなくてよかったと思いました。まあ、屋久島町も似たようなもんだけど、少なくともこんなオブジェで2500万円ものお金は使ってない(他に町役場建設とかフェリー太陽新造とか巨額のお金が使われてるけどね)。多分屋久島町はこの交付金を使って、今回の離島割引を実施したんだと思うけど、役場には言いたいことも沢山あるけど、少なくともこの離島割引は優れたアイデアだと思いました。町民が500円もらってもありがたみがないけど、飲食店に行って500割り引かれるって結構なお得感があって、お客さんはすごくうれしい。普段あまり外食をしない人でも外食する機会になるし、店側も、来たことのないお客さんが来る機会になり、店のメニューとか知らなかった人に知らせる事が出来て、効率の良い宣伝になるし、店の努力いかんによっては新たなお客さんを獲得するチャンスにもなる。それに、確実な来客が見込めるので、普段作らないメニューとかにも挑戦出来て、常連さんは新たなメニューが食べれてうれしい(美味しければね)。お客さんもうれしいし店も売り上げアップだけじゃなく、宣伝も出来て、本当にこのアイデアは素晴らしいと、去年も思ったけど、今年も思いました。お金が回れば景気も上向く。

会社も地方行政も同じで、知恵があるかどうか。東京で読み始めた、高田郁さんの小説「商い世伝金と銀」にもちょくちょく出てくる「知恵を絞る」。会社も行政も知恵のある人がトップにいると盛り上がるよね。残念ながら屋久島町のトップには知恵はないと思う。私にも知恵がないと思うけど。

2021年11月23日 (火)

結果は出ている

日本で報道されるアメリカのコロナの現状って、バイデンが従業員100名以上の企業すべてにワクチン接種義務を課すとか、ニューヨーク州でのワクパス実施とかで、ワクチン接種しない人にとって厳しい事ばかりだけど、実は共和党が知事を務める20を超える州ではバイデンのその政策が憲法違反であると裁判所に訴えたり、ワクパス反対だったりと、州によって全く違うようです。特にフロリダ州では、コロナ対策ってしてないそうです。マスクもしない、ロックダウンもしない、学校閉鎖もしない。でも感染者は他のどの州より少ないそう。これって井上正康先生が言ってた事が正しいってことですね。ロックダウンとかしてるといつまでたっても免疫が作られない。

アメリカCDCのファウチやビルゲイツが驚くような発言をしてますね。ファウチはニューヨークタイムズに「ワクチンでは感染は抑えられないし、ワクチンをうつことで、人が元々持ってる自然免疫の働きが弱くなるから、3度目のワクチン接種が必要なんだ」と言ったらしいです。また、ビルゲイツも先のCOP26で「ワクチンでは感染は防げなかった、別のワクチンの開発が必要だ」という発言をしたそうです。前に書いたか忘れたけど、どこよりもワクチン接種が早かったイスラエルの研究で、ワクチンによる免疫よりも自然に獲得した免疫の方が7倍強いという結果も出ています。

もう結果は色んなところで出てますよね。一切のコロナ対策を今すぐやめることが何よりも正しい施策なんです!!免疫弱者(お年寄りとか基礎疾患がある人など)を守ることをすればそれでいいんじゃないですか。欧米の色んな機関で自然免疫の凄さが認識されてきているそうです。

ファウチがアメリカ上院議会で何度も呼び出され、糾弾されているそうです。潮目は変わりつつあるのか?そう願いたいものです。

昨日書いた「コロナ論4」の動画はYouTubeではどうも削除されたようです。ニコニコ動画では観れます。

2021年11月22日 (月)

小林よしのり「おどれら正気か!?」

「コロナ論4」の発売記念の特別公開放送がYouTubeにて見る事ができます(不思議とまだ削除されてません。観るなら今のうちです、と思ったらこの夜、もう削除されたみたいです。ニコニコ動画で観れます)岡山大学教授の井上正康先生がとても丁寧にわかりやすくウイルスのこと、ワクチンの事を説明しています。2時間越えという非常になが〜い動画ですが、是非観るか聴くかしてください。この動画で色んな事がわかります。と言ってもほぼ観るひとはいないと思いますが。

当初、日本人は武漢からの訪日中国人のお陰ですでに抗体が出来ていたので欧米のようなことにはならなかったと言っていた京都大学の上久保先生が、そういえば最近全然出てこないと思っていたら、大学からの圧力で発言できなくなっていたとか、色んな医者が実は本当の事を知っているんだけど、公には言えない圧力があることなんかも言っています。そして3度目のワクチン接種が本当に恐ろしい事なんかも井上正康先生が丁寧に説明しています。3回目の接種をどうしようか迷っている方は必見です。

世界でワクチン接種後、沢山の死者を出していて、しかもワクチン接種後、陽性者が爆発している状況を知っていながら、接種義務を課そうとする国の強引な政策に、オーストラリアのメルボルンやパリなどでは大規模な反対デモが起きているけれど、それでも今のところ、阻止する事が出来ないでいます。明らかにおかしい、理の通らない国の圧力に少数派が抗う事ってやっぱり出来ないのでしょうか。

«すごい言論統制