« うれしい再来店 | トップページ | 熱帯化か? »

2013年8月14日 (水)

絶叫マッサージ

尾之間にリンパを流すマッサージをするマッサージ師がいるという話は以前お客さんから聞いたことがありました。先日店が休みの時に尾之間のそば屋に行ったら、隣でそばを食べてたおじさんがそのマッサージ師さんでした。で、お店が休みの今日、旦那と一緒に行って来ました。色々な方から「あそこは絶叫マッサージって言われてるんだよ」とか「いつも涙を目に浮かべて帰ってくる」とか聞かされたし、実際にマッサージ師の先生からも「う~ん、僕は痛くしてないんだけど、患者さんが痛がるんだよね。一度来て二度とこない人もいるよ。ただ、5~6回来ると寝るようになる人が多いけどね」とのことで、初めての場合、一体どんだけ痛いんだ!?と恐怖におののきながら行ってきました。まずは旦那を先に行かせて、感想聞いてから私が・・・とか思ってたんだけどなかなかうまくいかず、一緒に行くことに。行ったら「じゃあ、奥さんから」と言われ、私が先に

結果から申しますと、非常に気持ちよかったです。ただ、時折「イデッ」となる時があり、また、最後に膝の裏をぐりぐりするんだけどそれがすっげー痛かった。片足上がっちゃうぐらい。それで先生が蹴られたこともあるそうですわ。旦那は首周りをやられているときに相当痛かったらしく、出産時の女性のようにタオルを噛んで痛さに耐えていました。旦那は「もう行かない」と言っていましたが、私はちょっと通いたいなと思いました。リンパを滞らせないということは万病予防になるそうですし、実際とても気持ちよかったし、さらに終わってから体がとても軽くなりました。そのまま温泉行ってビール飲みたかったけど、今日はスケジュールが詰まっていてヨモギ摘みの旅に出なきゃならなかったし、明日の準備があったしでのんびり出来なかったよ。今日先生に教えてもらったんだけど、肩がこったときは、肩を揉むのではなく、肩甲骨の上にある首のところのリンパをモミモミするといいそうです。

« うれしい再来店 | トップページ | 熱帯化か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶叫マッサージ:

« うれしい再来店 | トップページ | 熱帯化か? »