« 花が咲く季節 | トップページ | 化粧水かぶれその後 »

2015年3月22日 (日)

免疫力アップが肝要かと

先日「断薬のススメ」内海聡著の話を書きましたが、そこに免疫力をつけることが必要と書いてありました。一昨年の冬東京に帰ったとき、帰った翌日にいきなり発熱し、その後熱が上がっては引き、引いては上がることが2週間のうちに3回ほど続き、絶不調に陥りました。家でのんびりしていたときに姉が図書館で借りた室井滋のエッセーを読んでいたんですが「この人はどうしてこんなにたくさん食べているのに太らないんだろう?」と読みながら疑問に感じ、最後の方でなるほど~と思ったのが、体温が高いということでした。平熱が高いとそれだけ消費カロリーが増えるから同じだけ食べても、身についてしまう人と消費される人がいるんだと。しかも彼女は平熱が高いから免疫力が高く、全く風邪を引かないとも書いてありました。当時私の平熱は35.5度あればいいほうで、低いときは35度ギリギリでした。体温の低さに特に疑問を持たなかったんですが、それが太る体質を生み出していたのか!?と仰天し、その後は母にも手伝ってもらい、体温を上げる食事を摂取するようにしました。ビールは飲まず、ウイスキーは体温を下げるけど焼酎は中性だから上げもせず下げもしないから焼酎お湯割りにするとか、生姜を食べるとか、生姜入りの暖かい野菜スープを飲むとか、砂糖が入った甘いものは食べないようにするとか、陽性の野菜を食べるとか色々。不精なのでその後体温は測っていませんが、屋久島に戻ってきてからも体温を下げない食事を常に心がけています(と言いつつ、ビール飲んでるしアイス食べてるし甘いものも食べてるけどね・・・)。体温が上がれば太りにくいし、免疫力が高まり病気になりにくい身体になるし、いい事ばかり。これからも体温アップ運動を繰り広げよう!!うちのな~ゆ~プレートも出来るだけ体温をあげるような材料を使うようにしたいねぇ。

« 花が咲く季節 | トップページ | 化粧水かぶれその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 免疫力アップが肝要かと:

« 花が咲く季節 | トップページ | 化粧水かぶれその後 »