« 蝸牛 | トップページ | 又吉直樹の「火花」を読んで »

2015年9月 6日 (日)

民王

池井戸潤といえば勧善懲悪で読み後すっきり爽快の小説を書かれますが(直木賞を取った「下町ロケット」なんてあまりに面白くて、読んでてワクワクしました。こんなワクワクする小説はハリーポッターの1作目以来でしょうかね)テレビドラマ化されている「民王」も彼の作品ですね。これまで数多くの小説などが映画やテレビドラマとなりましたが、原作を超えておもしろいと思えたことがほとんどありませんでした(ヒドイ例が「ノルウェイの森」でしょうか)。しかしっ!このテレビドラマ「民王」はおもしろいっ!本当に面白い。最近はストーリー展開が中心になってきましたが、初回~4話目くらいまでは声を出してげらげら笑っちゃうほど面白かったです。このドラマの出演者さんたちが大好きになってしまう。お時間ある方は是非ご覧ください。金曜夜11時15分からのようです。

« 蝸牛 | トップページ | 又吉直樹の「火花」を読んで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民王:

« 蝸牛 | トップページ | 又吉直樹の「火花」を読んで »