« 民王 | トップページ | がけっぷち犬、ハナ »

2015年9月 8日 (火)

又吉直樹の「火花」を読んで

近所のジイサマが又吉直樹の「火花」を持っていて、貸してくれました。以前和田アキ子が「火花」を読んで「全く何も感じなかった」と言っていたし、本を貸してくれたジイ様も「あまり面白くなかったよ」と言っていたので私もそれほどのものでもないのかなと勝手に想像していました。でもとてもよかった。すごくよかった。少し読んですぐに又吉ワールドに引き込まれました。文章もきれいで、なんだかとても心に沁みる小説でした。今まで読み終わってすぐにまた読み返した本って5作くらいなんだけど、この本はすぐに読み返したい本の一つです。

感性は人それぞれ違いますが、この本を読んで何も感じないという和田アキ子という芸能人は、きっと心の機微だとか言葉の美しさだとか文章の流麗さだとかを理解しない方なのかなと想像します。こういう本を読んだとき、日本語を使う日本人でよかったな~と思います。日本語って美しい。

« 民王 | トップページ | がけっぷち犬、ハナ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 又吉直樹の「火花」を読んで:

« 民王 | トップページ | がけっぷち犬、ハナ »