« 老犬アイから人生を学ぶ | トップページ | たまごサンド »

2017年4月12日 (水)

今日、ネットで癌になって医師から打つ手なしと言われたフレンチのシェフが食事を変えて14年生きているという記事を読みました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00010002-jisin-soci

癌になっても生きている人のサイトを見てもやっぱり食事が重要なんだということがわかります。うちのお客さんで東京で乳がんと診断され、抗がん剤と手術という治療を拒否して屋久島に来て7年間、マクロビや枇杷の葉療法とかを続けながら癌が増えもせずなくなりもせずという状態が続いたんですが、あるとき大阪からのお客さんが台風で2日間帰れなくなり、その間ずっと大阪人のボケと突っ込みで笑い続けていたら、気づいたら癌がなくなっていたとのこと。

絶叫マッサージ師がいつも言っていることですが、血が流れれば人が本来持っている免疫細胞が体中を流れるから癌は大きくならないんですよという話と、いつも笑うということでNKキラー細胞が活発化するという話を合わせると、癌で死ぬことはない?

« 老犬アイから人生を学ぶ | トップページ | たまごサンド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 老犬アイから人生を学ぶ | トップページ | たまごサンド »