« 流し虫がまだ出ない | トップページ | またハゼ? »

2017年6月17日 (土)

先生御一行

尾之間温泉に先生と呼ばれる80代のオバアサンと、そのお付きのもの60代のオバサン二人の御一行がたまーにやって来ます。宗教なんだかよくわからないけど年に数回、1週間ぐらい滞在するみたいなんだけど、先週も来てました。彼女達が温泉にやってくる時間帯が私と同じでよく会います。このオバサンたち、夜の混みあう時間にも関わらず、3人で5人分くらいの場所を取り、どんなに混んできても場所を譲ったり、早く上がるということをしません。だからこのオバサンたちがいると、とても窮屈な入浴になってしまうので、このオバサンたちがいる間は、夜は行かなくなりました。おまけに奥のお湯が湧いている辺りの男湯との境の壁が少し空いているのですが(湧いたお湯が男湯に流れるようになっている)、そこに座る若い女性に「この場所はは男湯から見えるのよ」といってどかさせ、自分たちがそこにゆったり座り込むのです。女湯から見えないんだから男湯からも見えないでしょうと思うし、近所のオジサンに聞いたら、見えないし、誰も見てないよとのこと。何の先生なんだか知らないけどロクなもんじゃないね。

« 流し虫がまだ出ない | トップページ | またハゼ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先生御一行:

« 流し虫がまだ出ない | トップページ | またハゼ? »