« 松本ファーム | トップページ | 果実酒 »

2018年4月 7日 (土)

屋久島の春は香りに満ちている

春の到来は虫と草との闘いの始まりでもあり、心から喜べないものの、でもやっぱりいいこともたくさん。特に柑橘類がたくさん植わっている屋久島では、花の香りがそこらじゅうに漂い、それはそれは芳しいのです。トベラという、ちょっと肉厚の葉をもつ花の香りがこの辺りでは強い気がしてたけど、先日筍掘りに行った時に初めて橙の花の香りを嗅ぎ、トベラの匂いとちょっと似てるけど、トベラより甘くてもうずっと嗅いでいたくなる匂いにノックアウトでした。今までトベラと思っていた春の香りが、実は色々な柑橘類の花の香りでもあったんですな。

1523087801512.jpg
この花はオーラスターという、超酸っぱい柑橘です。橙と同じようなとても良い香りがします。これだけ花が咲いてたら、来年は豊作だね👍

« 松本ファーム | トップページ | 果実酒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋久島の春は香りに満ちている:

« 松本ファーム | トップページ | 果実酒 »