« 先日は誕生日でしたが | トップページ | お会計のタイミング »

2019年11月12日 (火)

夜も含めた身の回りのお世話

以前近所に住むお客さんが言っていた話ですが、この辺りではお金持ちの独身男性移住者に独身女性から「1か月◯◯円で、夜の生活も含めてお世話させてもらえませんか」という話が時折あるとのこと。で、その人は朝の散歩の際にある独身男性宅からある独身女性が顔を隠しながら出てくるところを見たけど、彼女はそうやって生活費を稼いでいるとのことでした。なぜこの話を書いたかというと、その人が見たっていうその女性は、猫のオジサンが最初に猫の餌やりを頼んだ人だったということが、オジサンとの会話でわかったからなんです。そのお客さんは、猫のオジサンの家からその女性が出てくるところを見て、彼女が猫のオジサンの身の回りの世話(夜の生活も含めた)をしていると思ったわけです。実際は不在のオジサンに頼まれて猫の餌やりに来てただけだったんですよ。ってことは、も、もしや!私もオジサンが不在の時、早朝に餌やりに行くわけで、そんな私がオジサン家から出てくるところをどこかから見られていたら、私もそういうアルバイトをしてるって思われてる!?みなさん、どこかのオバサンが私がそんなアルバイトをしてるそうよという話をしてたら、それは猫の餌やりだよと訂正をお願いします。そのことがわかって、他のお客さんにその話をしたら「ああ、そうだったの?僕も朝の散歩で猫のオジサン家からその女性が出てくるところを見たことがあって、猫オジサンやるなぁって思ってたよ」だそう。やれやれ。その後、数人の独身男性にそういう営業されたことあります?って聞いたけど、そんな羨ましい話があるんかい?そんな人来たことないとおっしゃってました。彼らがターゲットにならなかったのか、そんな話は最初からなかったのかわかりません。

« 先日は誕生日でしたが | トップページ | お会計のタイミング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先日は誕生日でしたが | トップページ | お会計のタイミング »