« しつこいアオバアリガタハネカクシの毒 | トップページ | 小松左京原作「復活の日」 »

2020年3月24日 (火)

クルーズ船での自衛隊活動

多くのコロナ患者を出したクルーズ船、ダイヤモンドプリンセス号に自衛隊2700名が投入されたというNHKの特集記事を読みました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200319/k10012337771000.html?utm_int=tokushu-new_contents_list-items_009

1人の感染者を出すことなく任務が完了したようですが、自衛隊ってやっぱりすごいなぁと思っちゃいました。組織としての統率が、当たり前だけど取れてること、そしてリーダーがすごい!このリーダーの判断が間違っていれば、きっと自衛隊からも感染者が出てたことでしょう。リーダーがまともであること、そしてそのリーダーの元、指揮系統がきっちりし、指示をキチンと理解して動く隊員!日頃の鍛錬がないと出来ないことですね。そういえば以前自衛隊好きの友人がよく言っていたこと。水害で自衛隊出動が要請され、川辺で土嚢を積み上げる作業が連日行われたそうですが、初日地元の青年団が大張り切りし、自衛隊の動きを凌ぐ動きをしてみせ、それを見ていた地元の人が「自衛隊って言ってもたいしたことないね」と言い合っていたけれど、翌日青年団は前日の疲れが出て初日の半分も動けなかったが、自衛隊は前日と同じように黙々と作業を続けたという。決して9条改正賛成ではないけれど、現に存在する自衛隊はすごいなぁと思った1件でした。

« しつこいアオバアリガタハネカクシの毒 | トップページ | 小松左京原作「復活の日」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しつこいアオバアリガタハネカクシの毒 | トップページ | 小松左京原作「復活の日」 »