« たわわに実ってるパッションフルーツ | トップページ | クチナシの花 »

2020年6月 7日 (日)

昨日朝の落雷で

屋久島の梅雨は時折ものすごい雷や大雨をもたらします。昨日朝9時過ぎ頃、すぐ近くで落雷4連発がありました。予兆があったのでほとんどの電化製品のコンセントを抜いたので安心していましたが、落雷のあとWi-Fiが繋がらなくなりました。モデムもルーターもコンセント抜いたのに…。でもADSLのモジュラーが繋がってて、そこから過電圧が来るそうですわ…。そんな…カンベンしてほしい。今朝NTTに電話したら最短で12日金曜だってさ〜。

同じ頃、小瀬田の24億で建てた新庁舎の屋根に落雷があり、屋根に穴があいて、さらにインターネットも電話も通じなくなり、さらに防災無線もできなくなったんだって。台風が来たわけでも、大地震が来たわけでもなく、梅雨時期恒例の落雷ですよ?避雷針つけてないことにも驚いたけど、落雷で防災無線もネットも電話もできなくなるって、本当の災害が起きた時はどうなるんでしょうね。24億もかけて作った新庁舎のあまりにお粗末な防災対策に開いた口が塞がらないとはまさにこのこと。

Facebookに落雷でWi-Fiが使えませんと投稿したら、近所で宿屋をやっている友人から予備のポケットWi-Fiがあるから貸してくれると連絡がありました。宿屋さんでさえ、Wi-Fiを確保するために予備のポケットWi-Fi持っているというのに…役場や町議さんたちにはこの宿屋さんのリスクマネジメントを学んでほしいと思います。私もですが。

« たわわに実ってるパッションフルーツ | トップページ | クチナシの花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全く同感ですな。
光屋内引き込み工事も1か月延長になり、梅雨嵐の中で業者の人達は工事の遅れを挽回すべく、毎日10時間を超える仕事を強制され、大変なようです。
雷や豪雨、過重労働で体を壊さないよう、祈るばかりです。

そもそも、コロナ蔓延中の本土でさえ、光ブロードバンドは必須のインフラ投資ということで工事は一切中止しなかったし、自治体からもそのような要請は無かったとのこと。

役場の若い人たちの発言力の強化に期待したいです。

自分がインターネットの利用者じゃないからわからないってことでもないですよね。いかに浮世離れした暮らしをしてるかってことがわかる一件でした。
本当に若い人たちにがんばってもらいたいです。そういえばAコープのレジでアルバイトしてた頭のいい若い男性は役場に就職したみたいですね。彼のような世間の感覚を持った人の意見が通るような役場になってほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たわわに実ってるパッションフルーツ | トップページ | クチナシの花 »