« 海に立つ虹 | トップページ | フェリーが来ない! »

2021年7月21日 (水)

尾之間図書室

東京に戻ってた時に高田郁の新しい本を姉が読んでいて(知らなかった!)、徒歩2分の図書館で借りて4巻の最初まで読んだんですが、時間切れで泣く泣く屋久島に戻りました。尾之間の図書室にはないだろうな〜と思いつつ行ってみたら全巻揃ってるじゃありませんか!!姉は8巻まで読んで、早く次が読みたいけど9巻は20人待ち、最新刊の10巻に至っては60人待ちだそうで、今更買うのももったいないしと悩んでました。人口少ないとこういう利点があるんですな。この本だけじゃなく、本屋大賞の本も待たずに借りれるんですよ!すごいな、屋久島。今までは家に読んでない本がたくさんあったので図書室を利用したことがなかったので、こんな事実が隠れているとは知らなかった!今更ながら思うことだけど、本って本当に素晴らしいよね。本の世界って無限で、読むことで違う無限の世界に飲み込まれることが出来ちゃう!もうタイトルみただけでワクワクするよ。

関係ないけど、先日のブログで今週の4連休を知らなかったと書いたけど、あのあと温泉に行ったらもっと知らない人だらけで、昨日知ったとか、子供いる人もなんで学校?と思ったとか。ひとりは入ってくるなり「ねえねえ、知ってた?今日(19日月曜の海の日)って祝日じゃなかったの!!郵便局行ったら営業してて、そこで初めて知った」で、大笑いでした。これだけ知らない人だらけなら、政府の広報が足りなかったんじゃん。でもこの人たちってほとんどテレビない人たちなんだけどね…

« 海に立つ虹 | トップページ | フェリーが来ない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

髙田郁さん…見覚えのある名前だなと思い検索してみました。

みをつくし料理帖シリーズの作家さんなんですね。
姉が読み終わった本をくれるのですがその中に入ってました。
(父が本好きなので持ってきてくれます)
このシリーズ面白くてよく読んでいたのですがなぜかずっと女性の作家さんだと思いこんでいたので、作家さんの写真を見て「あらっ(…想像と…)」と思っちゃいました。

あきない世傳 金と銀シリーズ、こちらも面白そうですね。
姉に聞いてみようかな?

お久しぶりです。あきない世傳 金と銀シリーズ10巻まで出ましたか。
これで完結ですか。髙田郁さん面白いですよね。前回の料理帖シリーズは結局全巻買ってしまったので、これも最後までそろったら買ってもいいかなと思って待っていました。
ついでに高田郁さんは女性だと思います。高田さんは本人の意思で顔写真を公開しないそうです。だからあの写真は?です。あの写真のせいで高田さんは男と思う人がいるようで、グーグルの検索例に髙田郁 性別というというのがありました。

お二人ともコメントありがとうございます。
あきない世伝金と銀、おもしろおます〜。姉にも10巻で終わり?と聞かれましたがまだ読んでないのでわかりません。ただ、最後をみたら「完」とか「終わり」とかは書いてなかったです。
私は写真見たことないので、女性だと思ってました。あの文章で男性は有り得ない〜かな?
澪の料理帳シリーズは2回ドラマになってますよね。一回目は北川景子、2回目は黒木華。北川景子は違うだろう〜と思ったけど、黒木華はどハマりでした。源斎先生も2回目のほうがぴったり。これ、なんか映画にもなるみたいじゃないですか?
あきない世伝、今8巻ですが、もうおもしろくて寝不足です。

11巻が8月に発売予定だそうで、完結編はまだ先ですね。
気長に待ちますわ。

そうなんですか。お知らせありがとうございます。続き待たなきゃならない、残念!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海に立つ虹 | トップページ | フェリーが来ない! »