« フェリーが来ない! | トップページ | オリンピックを観ていて »

2021年7月25日 (日)

方丈記

仕込みをしながらYouTubeで方丈記を聴きました。鎌倉時代に鴨長明によって書かれた随筆です。流石に今は飢饉で餓死者とかは出ないけど、火事や地震で住むところを追われて、いつの世も生きることって大変なんだなぁと感慨。で、やはり最終的には世捨て人のごとくひとり山奥で静かに質素に暮らすことの幸せを感じるという。私はまだその境地まで達してないけど十分共感はできます。思いの外、心に響きました。今度は徒然草に枕草子、そして平家物語も読んで(聴いて)みよう。

« フェリーが来ない! | トップページ | オリンピックを観ていて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フェリーが来ない! | トップページ | オリンピックを観ていて »