« 方丈記 | トップページ | いや〜な感じ »

2021年7月28日 (水)

オリンピックを観ていて

連日メダルラッシュに沸くオリンピックですが、開催後も中止せよ!というデモが繰り広げられたりと、問題を多々抱えているようです。開催決定後、朝日新聞が社説で中止を求めたり、開催を喜ぶという報道はあまり見ませんでした。でも毎日メダルを取った選手のコメントを聞いたりしているうち、オリンピックって国民のためでも政治のためでも、ましてや小池百合子のためでもない、参加するアスリートのものなんだよなぁと改めて感じました。昨日のソフトボールの試合で金メダルを手にしたピッチャーの上野選手の「13年間、この日のために頑張ってきた」というコメントを聞いて、月並みな言葉だけど心底「すごい!」と思いました。今回のオリンピックが中止になっていたら、上野選手のような13年間もこの大会のために耐え難きを耐え忍び難きを忍んだひたすらの努力が無になってしまったわけで、開催には色々問題はあるけれど、でも開催出来て本当によかったなぁと思うのでした。もちろんソフトボールの選手だけじゃなくて、全てのアスリートに敬意を表したい。

私は屋久島に来て店を始めて先月で丸9年。この9年よりももっともっと長い時間を上野選手たちはひたすらオリンピックで金メダルを取るために奮闘努力してたんですよね。なんかそれを考えると、私って小さくて弱い人間だなぁと思わずにはいられない。

オリンピックはまだ中盤。まだまだたくさんのアスリートたちの、死に物狂いの努力を実らせるための闘いが続きます。頑張ってください。

« 方丈記 | トップページ | いや〜な感じ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 方丈記 | トップページ | いや〜な感じ »