« 今週も明日(12日木曜)から営業します | トップページ | 蕁麻疹はストレス? »

2021年8月17日 (火)

ワクチンほぼ無効

東スポWebに出てました。

 「北中米のメディア「デーリーガーディアン」は現在、猛威を振るい〝最凶〟と恐れられるラムダ株に関する最新研究を特集。」しており南米で変異したラムダ株には「現在世界で普及しているワクチンはほぼ無効化されることが確実」だそう。詳しい記事は下記。この記事がどこまで信用できるのかわかりませんが、もし本当なら、以前見たYouTubeの動画で、ドイツのワクチン開発先駆者の博士が「ワクチンは初期のウイルスには効くが、変異したウイルスには効かないし、人が本来持ってる免疫力まで働かないようにする恐ろしいワクチンだから打つな!」と言っていた事が、半信半疑だったけど俄に信憑性を持ってきました。効かないんなら打つ必要ないよね。それでも世界の為政者はワクチン接種を義務化させるのか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/bb57caaaf552bc1857a000dab4a8cae1e8be6b7b

 北中米のメディア「デーリーガーディアン」は現在、猛威を振るい〝最凶〟と恐れられるラムダ株に関する最新研究を特集。「南米諸国で蔓延しているラムダ株は感染力が強く、新型コロナウイルスワクチンによる保護効果を回避する可能性があることが示された」と指摘した。「研究では、ペルー、アルゼンチン、エクアドル、チリなど少なくとも26か国でラムダ株による感染が広がり、ワクチン接種率が高いにもかかわらず感染が増加していることを示している。ラムダ株はワクチン接種による抗ウイルス免疫から逃れることができることを示している」と強調。現在世界で普及しているワクチンの効果はほぼ無効化されることが確実となり、このまま日本でもラムダ株が広がれば、一気に感染大爆発を誘引するというわけだ。 現在はデルタ株によって感染が深刻化している日本。報道通りの威力でラムダ株が拡大すれば、計り知れない危機的状況を迎えることになりそうだ。

« 今週も明日(12日木曜)から営業します | トップページ | 蕁麻疹はストレス? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事