« 地球温暖化 | トップページ | 神奈川県弁護士会も »

2021年11月15日 (月)

先の京王線殺傷放火事件

実はこれはヤラセだったのではないかという。コメント欄に貼り付けたURLで是非記事を見てみてください。逃げ惑う乗客の写真が載っていますが、そのうちの1人の女性は有名なクライシスアクター宮本晴代さんという方だそうで。NHKスペシャルの看護師やJALから出向した巫女やニューヨークの特派員や街頭インタビューを受ける人などの役でニュースに出まくりの女性。なんでこの事件がヤラセなのか、記事にも詳しくかいてありますが、まず誰がこの動画を撮っていたのか、駅に着いてドアが開かずに窓から出て来る乗客の女性がみなズボンを履いている、捕まった犯人は数十人に切り付けたとのことだが着衣の乱れはないし、返り血も浴びていない…などなど。この記事をどう思うかはみなさんの判断に委ねます。

今回のコロナ報道しかり、こういうひとつひとつを見ていると、もしかして中国の脅威もヤラセなのか?と勘ぐってしまう。私たちが知らされていることの何が本当なのか、真実は一体なんなのか、何を信じればいいのか。私はただ店を営業して、来てくれる愛すべきお客さん達と話をし、尾之間温泉に入って、一杯やって寝る、この事に幸せを感じて生きているけれど、色々大変な事に関わって生きている人たちは幸せなのかね。コロナ禍を作ったひとりとされてるビルゲイツって幸せなのかね?

« 地球温暖化 | トップページ | 神奈川県弁護士会も »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地球温暖化 | トップページ | 神奈川県弁護士会も »